送料無料 ※北海道 沖縄お届け不可 リボン 110g×20個 生梅飴 10×2B 品質検査済 【送料無料(※北海道・沖縄お届け不可)】,2193円,リボン,e-inon.gr,/gibbously621133.html,(10×2B)【送料無料】,110g×20個,生梅飴,スイーツ・お菓子 , あめ・ミント・ガム , あめ・キャンディ 2193円 【送料無料(※北海道・沖縄お届け不可)】 リボン 生梅飴 110g×20個 (10×2B)【送料無料】 スイーツ・お菓子 あめ・ミント・ガム あめ・キャンディ 2193円 【送料無料(※北海道・沖縄お届け不可)】 リボン 生梅飴 110g×20個 (10×2B)【送料無料】 スイーツ・お菓子 あめ・ミント・ガム あめ・キャンディ 送料無料 ※北海道 沖縄お届け不可 リボン 110g×20個 生梅飴 10×2B 品質検査済 【送料無料(※北海道・沖縄お届け不可)】,2193円,リボン,e-inon.gr,/gibbously621133.html,(10×2B)【送料無料】,110g×20個,生梅飴,スイーツ・お菓子 , あめ・ミント・ガム , あめ・キャンディ

送料無料 ※北海道 沖縄お届け不可 リボン 110g×20個 特売 生梅飴 10×2B 品質検査済

【送料無料(※北海道・沖縄お届け不可)】 リボン 生梅飴 110g×20個 (10×2B)【送料無料】

2193円

【送料無料(※北海道・沖縄お届け不可)】 リボン 生梅飴 110g×20個 (10×2B)【送料無料】



【商品紹介】
梅の美味しさを生感覚でお楽しみいただけるよう、センター部に梅肉ペーストが入っています。本場紀州の梅肉入りです。

商品説明
名称キャンディ
原材料名砂糖、水飴、梅肉ペースト[梅肉(梅、食塩)、水飴、砂糖、デキストリン、梅肉エキス、食塩]、酸味料、トレハロース、香料、増粘剤(ペクチン、加工デンプン)、着色料(アントシアニン)、(原材料の一部にリンゴを含む)
内容量110G×20個
JANコード4903316430805
賞味期限製造から365日
保存方法高温、多湿の場所、直射日光を避けて保存してください。
製造者/販売者リボン
アレルゲンりんご
商品のお届けについてコンビニ決済は入金確認後、発送のご準備をさせて頂きます。
お急ぎの場合は、クレジットカード決済をおすすめ致します。

※パッケージデザイン等は予告なく変更される事があります。

※玩具菓子・お菓子に付属されているカード・フィギュア等は、メーカーの梱包比率により1回のご注文で全種類そろわない場合、または重複する場合がございます。

【購入履歴からのご注文キャンセル・修正について】
ご注文タイミング等により、購入履歴からのご注文キャンセル、修正を受付できない場合がございます。

【商品をご準備できない場合のご対応について】
自社販売と在庫を共有している為、在庫更新のタイミングにより在庫切れの場合、及び商品廃盤(終売)・メーカー欠品等の場合には、商品をご準備することができません。
判明次第、欠品のご連絡とキャンセル処理を行わせて頂きます。

【検索キーワード】
お菓子 おかし おやつ スイーツ まとめ買い 大量買い 大人買い 和菓子 洋菓子 食品 フード フーズ

【送料無料(※北海道・沖縄お届け不可)】 リボン 生梅飴 110g×20個 (10×2B)【送料無料】

のマークは米へのこだわり

1717年に灘の西郷で米屋の副業として、※のマークを掲げて酒造りを始めました。「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる」創業から300年も続く沢の鶴の伝統です。

忙しい平日の夜にほっと一息

贅沢な休日に凝ったお料理と

家族で休日の夕食に

米とともに300年。これからも。

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。

企業情報

沢の鶴では日本酒と料理の相性研究会というものがあり、日々自分自身の色と日本酒が
どのように繋がる可能性があるのかを研究しています。

沢の鶴
これからの
300年に向けて

2017年、沢の鶴は創業300周年を迎えます。日本酒の名産地である灘の蔵元として、日本全国でお取り扱いいただいていますが、「手に入りそうで、意外と手に入らない」のが、沢の鶴のお酒です。これは、私たちが生産量や安売りを求めず、良い材料で昔ながらの伝統的な造り方を守り続けてきたからです。
私たちは、世界から“新しいお酒”と注目されている日本酒文化を大切にしながら、みなさまの毎日の食事がもっと美味しくなるお酒造りを続けていきます。これからの沢の鶴にどうぞご期待ください。

沢の鶴資料館

「昔の酒蔵」沢の鶴資料館は、酒造りの歴史を現代に伝えるために、古い酒蔵をそのまま資料館として1978年(昭和53年)11月に公開しました。
新神戸駅・神戸空港や神戸の中心三宮から最も近い日本酒の資料館として、多くの方に親しまれています。